プチプラブランドの特徴

最近では、プチプラの洋服ブランドが多くあるので、手軽な値段でさまざまなファッションを楽しむことができます。また、それぞれのブランドで特徴があるので、その特徴を活かして、おしゃれに着こなしている方もたくさんいます。ここでは、プチプラブランドで有名な、「しまむら」「ユニクロ」「GU」の特徴を紹介します。

・しまむら

しまむらは、郊外を中心に展開していますが、安くておしゃれなアイテムが手に入るとして、毎日、多くの方が訪れる人気のファッションブランドです。また、SNSでしまむらでゲットしたアイテムを紹介したり、実際に身に付けておすすめのコーデを紹介したりしている方もいます。

しまむらは、商品を自社でデザインして製造するのではなく、さまざまなブランドから商品を買い付けていますが、外部を通すことがほとんどなく、直接買い付けているので、低価格で商品を提供できます。しまむらがメインターゲットにしているのは、20代~50代の主婦だと言われており、小さな子ども連れの女性もメインターゲットになるので、子どもが興味をもつおもちゃも販売しています。

服の特徴は、シンプルなものよりも、ガーリーやフェミニンなど、女性らしい雰囲気の服が多いです。服の種類は、ユニクロやGUよりも断然多いですが、それぞれの商品の数は少ないので、自分しか持っていない“一点物”を探し求めている方に最適です。また、たくさんの種類の中から、自分好みの商品を見つけ出すのが“宝探し”のようでワクワクしますし、良いものが見つけられたら達成感も得られます。

・ユニクロ

ユニクロは、プチプラブランドの代表格と言えます。ユニクロは、企画、製造、販売などを一貫して手掛けているので、品質の良い商品を低価格で提供できます。老若男女問わず、幅広い年齢層の人たちから支持されており、おしゃれを重視するだけでなく、機能性や実用性を重視したアイテムや、子ども服・ベビー服までそろっています。自社製品なので、大量生産が可能で、サイズも豊富に用意しています。また、シンプルなデザインの服が多いので、工夫次第で効率よく着回すことができます。

・GU

「GUとユニクロはあまり変わらないのでは?」と思っている方もいるかもしれません。しかし、それぞれが扱う商品は全く違います。ユニクロは幅広い年齢層に向けて、品質にこだわった商品を扱っていますが、GUは10代~30代の若い女性をメインターゲットにした、最先端ファッションを意識したおしゃれな商品が並んでいます。また、GUは品質よりも、ファッション性を重視しているので、デザインや種類が豊富です。さらに、ユニクロよりも価格が安いので、「トレンドを取り入れたファッションをできるだけ安く楽しみたい」という方におすすめです。

PR:長居のホットヨガ